南仏セット日誌

南仏セット日誌  

対岸からの「ラ・ポワント・クールト 」

私は南フランスの地中海に面するセットという港町で、2020年から毎年夏の間、アーティスト・イン・レジデンス A.T.E.N.Aに滞在し、アート活動を行っている。この街の名前は、”Sète”と綴るのでカタカナで表すとしたら、”セート”だと思うのだが、フランス人たちは” sɛ.təː ”と発音しているので、実際は ”セット” の方が近い。これは、1927年まで この街の名前は、”Cette”と綴られていたことに由来している。この綴りだと、指示形容詞の “これ” と全く同じ綴りなので、紛らわしい為変更になった、とフランスの友人が教えてくれた。
この日誌では、日本ではまだあまり知られていないセットの魅力について、私が出会った愛しいものたち、風景、人々、アート、文化、食について紹介したいと思う。

1. ラ・ポワント・クールト