フランスと私のこと

©Yuka Matsui

プロローグ

ある時期、私はとにかく日本以外のところで暮らしたいと願うようになった。当初、どうせなら書の勉強に中国へ行こうと考えていたのだが、色々あって、行き先はフランスになった。フランスといっても、広い。東京で生まれ育った私は、できればパリ以外のところ、自然に囲まれた土地で暮らしてみたいという漠然とした思いがあった。そして南フランスという未知の響きになんとなく惹かれ、大学のある都市エクス=アン=プロヴァンスに留学を決めたのである。

ところが、出発数ヶ月前になり、不意に広げた地図を見ていたら、湖に目が止まる。その頃山登りにはまっていたので、山と湖のある生活に思いを馳せてしまい、どうせ出発するなら湖のある街で暮らしてみたくなってしまったのだ。
でもそうなると、小さな街には大学はないので、語学学校を探す必要がある。調べ始めたら、スイス国境に近いアヌシーという街には美しい湖があり、その湖畔に語学学校もあるではないか。ここに行きたい。急遽、私は前期の大学の授業をキャンセルし、最初の数ヶ月アヌシーへ行くことに決めたのである。

フランス留学を決めたその頃は、フランスと書が繋がるなんて思いもしなかったが、本当に様々な出会いによって、現在の活動へと繋がることになる。

第一回は、近々更新予定。